当院を受診される方はこちらをご覧ください。
〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷4-45 TEL:052-362-1771 名古屋市営地下鉄東山線「高畑駅」より徒歩7分

名古屋 中川区 内科 呼吸器科 小児科 アレルギー科 太田内科クリニック

ぜんそくについて

お電話での当日受付について

求人案内

問診票はこちら

HOME»  ぜんそくについて

喘息(ぜんそく)とは?

咳、ゼーゼー、呼吸困難を繰り返しおこす病気です。
気道が常に炎症をおこしていることから、非常に敏感になり、ちょっとした刺激(運動、冷たい空気、タバコの煙など)をきっかけに気道が狭くなってしまいます。その結果、狭い気道を通る際にゼーゼー、ヒューヒューという音となります。
しかし、喘息の特徴は治療をすれば症状は治まってしまうことです。
きちんとした治療を続けていけば、健康な方と代わりの無い生活をすることができます。但し、治療が不十分な場合は急な発作で、救急受診、入院、最悪の場合は死に至ることすらもあります。

治療目標・段階的治療方法について

小児喘息の治療の目標

  • 軽いスポーツも含めて日常生活を普通に行う。
  • 昼夜を通じて症状がない
  • β2気管支拡張剤の頓用が減少または必要がない
  • 学校を欠席しない
  • 肺機能がほぼ正常
  • ピークフローが安定

成人喘息の治療の目標

  • 健常人と変わらない生活と運動が出来る
  • 正常に近い肺機能を維持する
  • 夜間や早朝の咳、呼吸困難がなく、睡眠が十分にできる
  • 喘息発作がなく、増悪しない
  • 喘息で死亡しない
  • 治療薬による副作用がない

これらの目標を達成するためには、喘息患者の過去の経過と現在の重病度を正確に知り、それを基に生活指導と治療の計画を立てる必要があります。

治療薬

発作を予防するクスリ

アレルギー反応を抑える:抗アレルギー薬(シングレア、オノンなど)
気管支を広げる:長時間作用型β2刺激約(セレベント、ホクナリンテープなど)
気管支を広げ炎症を抑える:叙放性テオフィリン薬
炎症を強力に抑える:経口ステロイド薬(プレドニゾロンなど)

発作をしずめるクスリ

気管支を広げる:短時間作用型β2刺激剤(メプチンエアー、サルタノール、ベロテックなど)
気管支を広げ炎症を抑える:テオフィリン薬
炎症を強力に抑える:経口ステロイド薬(プレドニゾロンなど)

PAGE TOP