太田内科クリニック|内科、呼吸器内科、小児科、アレルギー科|名古屋市中川区中郷

  • HOME
  • 禁煙について
禁煙について

タバコがやめられない要因として多いものはニコチン依存症です。その治療として、ニコチン貼付剤または内服薬による治療を行います。予約は不要ですので、通常の診察と同様に当日にお電話での受付をお願いいたします。
ただし、保険診療を行うには、下記の条件をすべて満たす必要がありますので、あらかじめご確認をお願いしたします。

  • 下記ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で5点以上の方
  • (一日の喫煙本数)×(喫煙年数)が200以上の方(35歳以上の方)
    ※35歳未満の方につきましては、喫煙本数、年数の制限は撤廃されました。
  • 直ちに禁煙する事を希望されている方

タバコ依存症スクリーニングテスト

  1点 0点
1.自分が吸うつもりの本数よりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。 はい
いいえ
2.禁煙または本数を減らそうと試みてできなかった事がありましたか。 はい
いいえ
3.禁煙または本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか。 はい
いいえ
4.禁煙または本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
はい
いいえ
5.上の症状を消すために、またタバコを吸いはじめることがありましたか。 はい
いいえ
6.重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。 はい
いいえ
7.タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。 はい
いいえ
8.タバコのために健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。 はい
いいえ
9.自分はタバコに依存していると感じる事がありましたか。 はい
いいえ
10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。 はい
いいえ


・判定方法
10点満点のうち5点以上の場合、ICD-10診断によるタバコ依存症である可能性が高い(約80%)

禁煙治療のすすめ

喫煙者の大半は、「たばこは健康に悪い」と頭で分かっていても止められないと言うのが現状のようです。
しかし、たばこが喫煙者や非喫煙者(受動喫煙者)に与える悪影響は、多岐にわたっています。

たばこで悪いのはニコチンだけではありません。

たばこの煙にはニコチン、タールや種々のがん促進物質、一酸化炭素、その他数百種類の有害物質が含まれています。

ニコチン

一酸化炭素

タール

どんな治療をするのですか?

初回診療に加え、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回の診療で構成されています。

受診時期 治療内容
治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療 【1】診察
再診1
(2週間後)
【2】呼気一酸化炭素濃度の測定
再診2
(4週間後)
【3】禁煙実行、継続に向けてのアドバイス 
再診3
(8週間後)
【4】禁煙補助薬の処方
再診4
(12週間後)
 

費用はどれくらいですか?

3~5回の診察とお薬で1~2万円程度です。

禁煙の薬ってどんなくすりですか?

ニコチンパッチ

バレニクリン(チャンピックス)

  • チャンピックスを服用後に、めまい、眠気、意識障害等の症状があらわれ、自動車事故に至った報告があります。
    事故を防ぐためにも自動車の運転など、危険を伴う機械の操作をされる方には処方できません。
  • ニコチンガムは薬局で購入していただきます。

タバコのデメリット

お子さまやご家族には

喫煙者ご自身の健康には